ざっくばらんなサッカー虎の巻

欧州サッカーオタクの兄と弟で個人的に思い入れのあるチームや選手を紹介すると同時に、サッカーに関するあらゆるトピックスを日々発信していきます。

現代サッカーにファンタジスタは不要なのか?

 

サッカーに限らず、時代が進むことで、変わっていくものは多いです。

もちろん進化していくものもあれば、その進化により失われていくものもあります。

 

サッカー界で言えば、ファンタジスタがその代表と言えるでしょう。

彼らが躍動していた時代のサッカースタイルは、現代サッカーには無く、仕方ない

気持ちもありますが、寂しい気持ちも同様にあります。

現代サッカーではリヴァプールを代表とするように、圧倒的な走力や速さ、チーム全員

の連動した動きが求められますし、攻守の分担も無く全ての選手がどちらも高次元な

プレーを要求されることとなります。

しかし彼らは、こういったプレースタイルとは真逆の存在です。

とにかく個人の技術での状況打破を試み、王様のようにタクトを振ることでチームを

操り輝きを放ちます。基本的に攻撃に専念し、守備は控えめ。そしてプレー速度も遅い

です。

こういった時代の流れに逆らったプレースタイルに加えて、前述したようにハードワー

クへの対応の困難さから、適合出来ずにほぼ絶滅していると言えるでしょう。

 

ただ、私個人としては、そういった選手が活躍出来るようなチームが出てきても良いの

では無いかなと思います。全てのチームが現在のトレンドだからと同じサッカーして

も多様性が無くつまらないですし、こういった時代に逆行するようなアウトローが現れ

たらサッカー界ももっと盛り上がるのではないでしょうか?

 

最後に、せっかくの機会ですので、MKbrothersが一番大好きなファンタジスタ

紹介して終わりましょう。

 

時代の流れに逆行し続け、恐竜と呼ばれた男

 

 

f:id:MKbrothers:20191214113131j:plain

ファン・ロマン・リケルメこの人でしょう!(ホント好きだわ笑)

試合に出れば、ピッチを支配する王様として、とにかくボールを集めてキープしまくり

一瞬の隙を突いてスルーパスを供給。視野の広さは半端無いですし、その圧倒的なキー

プ力には、守備的MFとして恐らく世界一だったマケレレに苦汁を飲ませる程でした。

しかし、その反面で、守備はほぼしない上、彼の調子によってチームの出来が変わって

しまうなど、チーム戦術に合わない為、監督に使われないケースも多くありました。

ただ、そういう状態でも自分のスタイルを変えず(変えれなかった)貫き通した漢気に非

常に痺れたものです。北斗の拳で言うなら我流を極めた雲のジュウザみたいな感じです

かね?ホントに最高の選手です。

 


Riquelme ● Best Skills, Pass and Goals ● Argentina

 

 


雲のジュウザ「我が拳は我流」

 

リケルメもジュウザもホントカッコイイわぁ~

 

やっぱり、何にでも迎合する風潮は良くないし、自分を貫き通す心意気を忘れては

いけませんね。我流だろうが、なんだろうが、自分の思うままにトコトン突き進んで

いくことでしか、見えない世界があるはずです。そう信じて毎日頑張っていこう!