ざっくばらんなサッカー虎の巻

欧州サッカーオタクの兄と弟で個人的に思い入れのあるチームや選手を紹介すると同時に、サッカーに関するあらゆるトピックスを日々発信していきます。

日本vs韓国 試合研究・考察

先日のvs韓国戦を合計5回見直しました。

結果は1−0で敗戦

そこで感じたことや反省点などを書いていこうと思う。

 

f:id:MKbrothers:20191220200831j:plain

①バタつきが目立つDFライン

前からくる韓国に対して、焦りが生じてしまいショートパスでのビルドアップが困難。

これでは、後方3枚で幅を取りながら、ビルドアップしやすい3バックの効果が半減。

 

2ボランチ(田中、井手口)へのチェックが厳しかった為、より回しにくい。

 

 

②メンバー選考

森保監督は謎な部分が多い。

私がいつも謎に思うのは、大島僚太を起用しないことだ。

彼の実力は遥かに柴崎を超えている。(森保さんは柴崎が大好き笑)

 

韓国戦のように混雑する試合には彼のようなクレバーな選手を使うべきだと考える。

後半の途中から出場し、攻撃の組み立てや自慢の展開力を発揮していた。

相手の足が止まりかけていたとは言え、さすがであった。

 

 

③代表は成長を促す場所ではない!

E-1は大きな大会ではないとは言え、タイトルが賭かっていた試合。

1戦1戦を死ぬ気で戦うべき。

そして、最善の方策を考えるべき。 

 

④フォーメーションの可変の検討

やはり、ナショナルチームは全体でトレーニングできる頻度が少ないので、3バックのような戦術理解が難しいものは不向きだと感じる。

 

3バックは攻撃時に厚みのある攻撃ができるが、守備時にサイドからの攻撃を防ぐ際にスペースを使われてしまう可能性もあり、後手に回る危険がある。

 

どんなフォーメーションにもメリット・デメリットがあるが3バックは上手くハマらないと修正が効かなくなる。

 

世界的にも3バックを実践しているチームは稀なので

3バックを扱えるようになると、色々な相手に対応できる武器になるのは確実に言える。

 

この敗戦で何がダメだったのかを研究し、これからの戦いに生かさなければならない。

個人的にJリーグのレベルは高いと思っています。

韓国の実力も強いとは思いましたが、戦い方を見直せば結果は変えれたはずだと考えています。

これからの国内組の活躍に期待したいのと、森保監督のメンバー選考を今一度考え直してほしいと切に願っている。