ざっくばらんなサッカー虎の巻

欧州サッカーオタクの兄と弟で個人的に思い入れのあるチームや選手を紹介すると同時に、サッカーに関するあらゆるトピックスを日々発信していきます。

無名の選手を発掘する天才!ラモン・ロドリゲス・ベルデホ

前回、フットボールクラブのスポーツディレクター紹介第1章として、

モナコやリールで大活躍のルイス・カンポス氏を紹介致しました。

 

www.football-remix.com

今回は、第2章として、ラモン・ロドリゲス・ベルデホ氏を

紹介致します。

と言っても誰?っていう感じだと思いますが…

彼については、モンチと言ったほうが恐らく馴染みがあるのではないでしょうか。

 

f:id:MKbrothers:20200110231907j:plain

 

モンチは、セビージャにおいて、絶対的なSDとして数々の功績を残してきました。

セルヒオ・ラモス、ダニエウ・アウベス、ヘスス・ナバス、イヴァン・ラキティッチ

ジュリオ・バチスタ、カルロス・バッカなど、彼が獲得した選手は、とんでもない

スター選手ばかりなのです。

若い選手の才能を見抜く力に長けており、全く無名の選手を獲得しては、ブレイクさせ

高額で巣立たせるというように、クラブの経済をも支えてきました。

 

2000年からセビージャのSDを務め、17年間クラブで辣腕を揮い、2017年にイタリア

に活動拠点を移し、ローマのSDに就任したものの、パッとした成果を残せず、

2019年には、古巣であるセビージャに帰還。

セビージャでの活躍が嘘のように、ローマでは鳴かず飛ばずでした…

というのも、安く仕入れて高く売るというモンチメソッドについては、コストカット

の役割も含まれ、高く売れる選手は主力であろうが、人気があろうが売却するという

決断も必要となる為、その一環としてアリソン・ベッカーモハメド・サラーなどの

柱となる選手たちを次々と放出してしまいました。

その穴を新戦力が埋められれば全く問題なかった訳ですが、ザニオーロぐらいが成功と

言え、あとは残念ながら失敗に終わりました。(高額で獲得したパトリック・シック

などシックだけにしっくりきませんでした笑)

 

今シーズンもこれまで通りセビージャにて夏の移籍も精力的に動き回り、数多くの

選手を獲得、放出しており、今のところは、CL権を取れそうなポジションを維持して

います。やはり、モンチ=セビージャというのがしっくりくるので、これからも

どんどん優秀な原石や燻っている選手を引っ張りあげて欲しいなと期待しています。

 

モンチ・メソッド ゼロから目的を見つける能力

モンチ・メソッド ゼロから目的を見つける能力

  • 作者:ダニエル・ピニージャ
  • 出版社/メーカー: ソル・メディア
  • 発売日: 2017/07/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

これを読めば、君もモンチになれる!!

近くの本屋さんには、置いてませんでしたので、ネットで買ったほうが良いです。

興味があれば、是非読んでみてはいかがでしょうか?