ざっくばらんなサッカー虎の巻

欧州サッカーオタクの兄と弟で個人的に思い入れのあるチームや選手を紹介すると同時に、サッカーに関するあらゆるトピックスを日々発信していきます。

常勝軍団リヴァプールを支えるSD

本日、紹介しますのは、現在圧倒的な強さでプレミアリーグを独走するリヴァプールを

支えるスポーツディレクターの、マイケル・エドワーズ氏になります。

 

f:id:MKbrothers:20200126102637j:plain

 

彼が来るまでのリヴァプールは、ルイス・スアレスの獲得など一部の成功もありました

が、鳴かず飛ばずの補強も多く、その影響もありチームも長く低迷しておりました。

 

2016年にリヴァプールにやってくると、そこからの3年間で現在の躍進の立役者であ

る、モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、アンドリュー・ロバートソン、ナ

ビ・ケイタ、アリソン・ベッカー、フィルジル・ファン・ダイク、ファビーニョ等の 

スマッシュヒットを連発し、クロップと共に常勝軍団リヴァプールを支える大きな存在

となっています。

特に超一線級の補強が必須のポジションには、高額な移籍金がかかるようなスターを

しっかりと据えたりしつつも、下位チームからの手堅い補強も行う堅実性もあり、まさ

しくビッグクラブのSDを務めるのにうってつけの人物と言えます。

 

またコウチーニョの件もあるように売却交渉も非常に上手印象もあり、彼がSDとして

存在している限り、リヴァプールはドンドン強くなる気がします。

噂レベルではあるものの、キリアン・ムバッペカイ・ハフェルツなどの将来のバロン

ドール候補になりえるような若手選手獲得の可能性がありますし、プレミアリーグファ

ンの自分としては楽しみで仕方ありません。

(アーセナルファンとしては複雑ではありますが…笑)

 

SDマイケル・エドワーズ氏の個人の能力はもちろんのこと、リヴァプールというクラ

ブの一枚岩な体制には本当に感心しますね。

現在の躍進は、オーナー、SD、監督、スタッフ、選手が上手く連携が取れていること

の証明だと思いますし、スポーツは違いますが、これぞまさしくONETEAMと言

えるのではないではないでしょうか?