ざっくばらんなサッカー虎の巻

欧州サッカーオタクの兄と弟で個人的に思い入れのあるチームや選手を紹介すると同時に、サッカーに関するあらゆるトピックスを日々発信していきます。

伊の名門復活! エリクセン獲得で世界一へ

リアの名門、インテルがデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンを獲得したことを発表した。

f:id:MKbrothers:20200129130835j:plain

 

エリクセンは、今シーズン末でトッテナムとの契約が満了するため、レアル・マドリードやマンチェスター・U、バルセロナなど多くのクラブが熱視線を注いでいたが、アントニオ・コンテ監督のもと、スクデットを目指すインテルが射止めた。

 

トッテナムを指揮しているモウリーニョ監督が目指すサッカーには、プレースタイルが合わないとメディアは報道していた。

 

インテルは補強に力を入れており、マンチェスター・Uから元イングランド代表DFアシュリー・ヤングチェルシーからナイジェリア代表MFヴィクター・モーゼスを既に獲得。プレミアリーグから3人目の補強となった。

 

現在、セリエAでは、ユヴェントスと1位の座を奪い合っている。

今年は、ルカクラウタロの強力2トップの活躍により、インテルは躍進している

 

今年はもちろん期待できますが、来シーズン戦力が抜けることなく戦うことができれば、CLもかなり良い所まで行ける戦力だと思います。

 

 

個人的な意見・考察

エリクセンが加入したことにより、プラスな要素になることは間違いないでしょう。

そして、驚きのセール値段(25億円)で獲得できたことが良い点だったでしょう。

 

エリクセンの持ち味は、チャンスメイクとゲームメイクができる所でしょう。

正確なキックが持ち味なので、セットプレーで活躍できる。そのため、ルカクやラウタロのようなフィニッシャーの助けにもなる。

 

トッテナムに在籍していた時も、彼がいる試合といない試合とでは、全然違っていた。

1人でゲームの流れを変えることができる貴重な選手です。

 

1強の時代が長いセリエAに、そろそろ変革を起こしてもらいたいですね!