ざっくばらんなサッカー虎の巻

欧州サッカーオタクの兄と弟で個人的に思い入れのあるチームや選手を紹介すると同時に、サッカーに関するあらゆるトピックスを日々発信していきます。

こちらも楽しみなカード! レアル対シティ

日、リバプールA.マドリードの試合プレビューを書きましたが、今回もCL決勝トーナメントについて書いていこうと思います。

 

レアル・マドリードvsマンチェスター・シティの見所や注目選手を書いていこうと思います!

 

この2つの名門クラブのどちらかが、ベスト16で姿を消してしまうのは心寂しい。

ただ、勝ち抜いたとしても、いずれ戦わなければならないので、白熱した試合を期待したいですね!

 

レアル・マドリード

f:id:MKbrothers:20200207213450j:plain

 

CL優勝経験のあるベテラン

大舞台では何が起きるか分からない。

いつも出せているパフォーマンスを出せない何てことはザラにある。

レアルにあって、シティには無い物はそこだと考えている。

勝ち方を知っているチームの戦い方は賢く、時間の使い方も上手い。

 

リーグ戦との兼ね合い

レアルはラ・リーガで、バルセロナと1位の座を争っている。

CLとリーグで最高の結果を収めるには、かなりの体力、気力が求められる。

”二兎うおうもの一兎をも得ず”にならないといいが。

 

経験値の裏側

上記では、ベテランの経験値をメリットとして取り上げたが、反面デメリットもある。それは、以前ほど強烈なインパクトがないということだ。

スーパースターも人間。体力的な部分は落ちてきている。

 

 

注目選手

フェデリコ・バルベルデ

ルイス・スアレス「あいつは化け物」と舌を巻くほどの逸材。

 運動量もあり、中盤としてパスワークに参加できる技術力も兼ね備えている。

先発するかは分からないが、出場は間違いないと思うので、彼のプレーには注目してもらいたい。

 

 

何と言ってもCLと言えば、レアル・マドリード!

強いことには変わりありません。

しかし、以前ほどの破格の強さはないと感じています。

若手の爆発が起これば、その強さが戻ると思うので、そこに期待したい!

 

 

マンC

f:id:MKbrothers:20200207213524j:plain

CLに懸ける思い

プレミアリーグでは、現実的に優勝は無理に等しい状態で、ペップ自身も「リーグは諦めかけている」と発言するほどなので、CLは絶対に物にしたいはず。

後ろの選手が怪我の影響を受け、思うようにメンバーを固定できていない状態だが、どんな布陣で戦うのか?楽しみだ。

 

ハマった時のシティは手が付けられない

戦術家のペップが作るポゼッションサッカーは、ポジションが流動的に入れ替わり、生まれたスペースを効率的に活用していく。

これが上手くハマれば、相手に関係なく、自分たちのスタイルとテンポで試合を進めることができる。

 

VARや運に屈しないように

私のシティへの印象は、”不運なことが多い”イメージだ。

昨シーズンのCLでもトッテナム戦でVARにより、劇的ゴールが取り消されていました。

 

前にも何かあったような、、、笑笑

f:id:MKbrothers:20200207180139j:plain

 

注目選手

ケビン・デ・ブライネ

私は世界最高のチャンスメーカーだと思っています。

パス、シュート、ドリブル全てできる選手。

一本のパスやミドルシュートで流れを変えることができるので、注目選手にさせていただきます。

 

 

ホーム&アウェーの試合なので、如何にアウェーで耐えれるかが大切になると思います。アウェーゴールで決着もあり得るので、イージーなシュートや決定的チャンスを外した方が負けると言っても良いでしょう。

 

こちらの試合も楽しみで仕方ありません!

レビューも書くのでお楽しみに!!