ざっくばらんなサッカー虎の巻

欧州サッカーオタクの兄と弟で個人的に思い入れのあるチームや選手を紹介すると同時に、サッカーに関するあらゆるトピックスを日々発信していきます。

2nd Leg プレビュー バイエルン編

チェルシー対バイエルンの試合を観て、改めてバイエルンの強さを痛感させられました。

前半は五分五分の戦いをしていましたが、後半はバイエルンがチェルシーを完全に圧倒していました。

 

結果は0-3でアウェイのバイエルンが勝利

f:id:MKbrothers:20200228165110j:plain

完全優勢の状態で、ホームのアリアンツ・アレーナで迎え撃つバイエルン。

バイエルンが駒を進めることを誰しもが予想していますが、サッカーは何が起きるか分かりません。

 

手に汗握る戦いを期待したいですね!

 

というより、バイエルン強くないですか!?

 

バイエルンらしいサイドの攻撃や素早いプレスバックでゲームを支配していました。

間違いなくCLの優勝候補にも挙がってくるチームですね!

 

今回は優勝のキーマンになる選手たちを見ていこうと思います!

 

ダビド・アラバ

ポジション:CB,LSB

 

彼の良さは以前にも記事を書いているので、こちらをご覧になってください!

www.football-remix.com

 

ヨシュア・キミッヒ

 

ポジション:RSB,DMF,CMF 

f:id:MKbrothers:20200228162853j:plain

ラームを彷彿とさせるほどの器用さを兼ね備えている。

近年では中盤の選手としてプレーする機会が増えているが、右サイドバックも世界トップクラスのレベル。

 

バランスのとれた能力クレバーな頭脳でゲームを作る。

 

あのグアルディオラも、キミッヒには一目置いていた!

 

 

トーマス・ミュラー

ポジション:ST,OMF

f:id:MKbrothers:20200228163133j:plain

チェルシーとの1st Legでもロンドンに恐怖を与えていた。

レバンドフスキの下から裏へ抜ける動きや、中盤に降りてゲームメイクをするなどミュラーらしさを見せていた。

 

万能なシャドーストライカーは、バイエルンの攻撃力に必要不可欠だ!

 

爆発するとレバンドフスキよりも怖い存在になりうる選手!!

 

ロベルト・レバンドフスキ

ポジション:CF

f:id:MKbrothers:20200228163351j:plain

私は現代のセンターフォワードで一番優れている選手だと思っています。

空中戦クロスの対応ミドルヘッド1vs1アクロバティック全ての得点シーンでゴールを奪える選手。

 

この圧倒的ストライカーはリーグ戦でも爆発中!

 

これ以上の説明は不要ですね笑

すごい選手です。

 

 

セルジュ・ニャブリ

 ポジション:RWG,LWG

f:id:MKbrothers:20200228163505j:plain 

ニャブリの凄いところは、ゴールを奪うとギアがもう一段階上がるところだ。

現在CL6試合6ゴール。そして得点を奪っている相手はロンドンの強豪からだ。

 

スピードがあり、決めるところをしっかりと決めることができ、

ゴールの隅に流し込むシュートテクニックが優れている。

 

アーセナルに戻って、、、こないよねぇ〜笑

 

 

 

個人的な感想 

スタンフォード・ブリッジ(チェルシーのホーム)でここまでの結果になるとは想像していませんでした。

 

攻撃陣の破壊力も凄かったですが、私は守備の面でも強さを感じました。

それを強く感じたシーンは、ボールを奪われた直後に奪い返しにいく時の速さです。

 

このネガティブトランジションに関しては、プレミア勢の方が優れていると思っていましたが、今回の試合を観て考えを改め直しました。

 

勝ち上がるチームによっては、優勝もあり得ます!

 

今回のCLはワクワクする展開が多いですね!

 

今後もCLの記事を書いていこうと思いますので、

お楽しみに!それではまた!!