ざっくばらんなサッカー虎の巻

欧州サッカーオタクの兄と弟で個人的に思い入れのあるチームや選手を紹介すると同時に、サッカーに関するあらゆるトピックスを日々発信していきます。

マンCにあのお方が言及

先日行われたレアル・マドリードマンチェスター・シティの試合で、前半30分にラポルトが負傷し交代した。

 

今シーズンのマンCはセンターバックの怪我人により、ペップの思うようにメンバーを組めていない。

 

フェルナンジーニョが本職でないCBで巧みにプレーできていることが、唯一の救いだ。

ストーンズラポルトの負傷離脱が多い。オタメンディはミスが多い。

 

マンCにとってセンターバックの問題はいち早く解決していきたいはずだ。

補強をするにもFFP問題の関係でどうなるか分からない。

 

この状況を元アーセナル監督のアーセン・ヴェンゲルが言及している記事を見つけた。

f:id:MKbrothers:20200229115920j:plain

ヴェンゲル政権のアーセナルもディフェンスラインの怪我人問題で頭を抱えていた。

あの頃も、CBが足りなくなってガブリエウ・パウリスタとか急遽で補強していましたね笑

 

現在のセンターバック市場は高騰しているのは確かです。

どのチームも基本的に薄手になりやすく、スタメンと控えの差が大きくなりやすいポジションだ。

 

しかし、プレーに関しては高いお金を出してみないと分からない。

例えば、ファン・ダイクはサウサンプトン時代、リバプールが高額な移籍金を積んで獲得した時にメディアは”高い買い物”と批判していたが、結果的にセール価格で獲得したような活躍をしている。

 

センターバックはコストを抑えようとしがちなポジションだが、マンCは高額を叩いてでもビッグネームを狙うべきでしょう!

www.soccer-king.jp